当社での導入実績がある業種や業態のご紹介です。
決済の導入に関することならなんでもお気軽にご相談ください。

個人経営店

特に個人経営だからといって加盟店審査影響はありませんが、カード会社の審査は非常に慎重で、以前トラブルのあった業種/業態や斬新なビジネスモデルに対して理解が遅い傾向があります。 当社は複数のアクワイアラへの取次をしておりますので、適材適所のマッチングが可能です。 以前、他社で審査通過できなかった等、ご心配ある方はその旨をお問い合わせ時にお聞かせください。当社は これから加盟をされたい方のお力になれるよう、最善のご提案を心がけさせていただきます。

一般飲食店

高額決済が多い飲食店ではカード決済可能というところが増えていますが、喫茶店などではそこまで浸透していないようです。観光庁が実施した訪日外国人調査では「両替・クレジットカード利用が十分ではない」という点が多く指摘されています。2020年のオリンピックに向けて訪日外国人が増えたり、国内のキャッシュレス化が推進されたりと、飲食店でもそのような対策が求められています。

導入利点

最近はネットでの広告が一般的となり、大手広告代理店の運営する飲食店のポータルサイトに掲載している店舗様も多くいらっしゃいます。 そこではサイト上でお店を検索する際、カードが使えるかどうか確認する方がいるほど、カード決済は重要な支払方法の一つとなっています。また、お支払いでポイントやマイレージを貯めたいといったニーズからも、カード決済の需要も高まっています。

物販店

小売業者は生産者や卸売業者から仕入れた商品を購入し、消費者に提供・販売をします。百貨店やスーパーをはじめ、食料品、医療品、家電製品などここでは様々なモノを売る物品販売に焦点を当てます。

導入利点

近年はクレジットカードの保有率は8割を超え、1人当たりの保有枚数は3枚を超えると言われています。クレジットカードを持つ利点として最も多く挙げられるのが「その時の持ち合わせに左右されず買い物ができること」です。クレジット端末を設置し加盟店となることで、お買い上げの機会を増やせるだけでなく、販売単価の向上が見込めます。オリンピックなどをきっかけに、来日観光客の増加が見込まれていますが、そのうちの多くの方が高額の現金を持ち歩くよりも、クレジットカード利用を優先する見通しもあり、加盟の重要性が再認識されています。

サービス業

世の中のサービス業は主にモノ・情報・快適の3つに分けられますが、ここで言う「サービス業」とは、主に「体験」などの形のないもの、またはそれに付属する有形物を販売する業態を指します。

導入利点

インターネットの普及などにより、今後ますます普及率が高まるといわれているクレジットカード。公共料金や携帯電話など毎月の定期的な支払いでカード利用率は上がり、需要も高まっています。新規でのお申し込みや手数料の見直し、その他ご要望がございましたらお気軽にご相談ください。

病院・クリニック

病院は保険適用により負担額が小さい傾向ですが、診断により金額が変動する為、事前に費用が読めません。事故や急病など予期せぬ場面では現金を用意する時間がないことがほとんどです。

導入利点

例えば歯科医院ではインプラント、眼科ではレーシックといった「高額負担になり得る自由検診」があり、現金を事前に準備することが難しいと言えるでしょう。救急の場合でも、退院後に改めて現金を支払いに再来院するという二度手間がなくなります。また、クリニックでは高額の現金を持ち歩くことなく、紛失や盗難などのリスクを軽減することにつながります。

エステサロン・ネイルサロン

ネイルサロンに限らず、まつ毛エクステなどの美容サービスは年々店舗数が増加しています。最近ではネイルとまつ毛エクステを同時進行で行うサービスもあり、金額も様々です。商品販売だけでなく施術専用にもクレジット決済は注目されています。

導入利点

回数券や長期間の継続役務提供契約の取扱が多い業界ですが、いずれもクレジット決済の対象として加盟審査を通過するのは難しいのが現状です。しかし、施術毎に都度の精算を行う場合や、物販が中心のお店であれば、回数券や継続役務の販売にカード決済を用いない事を条件に、設置する事も可能です。

美容院・美容室

クレジットカード決済端末を導入する事でアップセルの機会が増え、客単価の上昇が期待できます。

導入利点

美容院・美容室も多様化し、メニューも多岐にわたります。カットだけでなくパーマやカラーなど様々なオプションサービスを追加したい時、クレジットカードを使えない場合は持ちあわせと相談しなければなりません。クレジット決済端末を導入する事で、そのような障壁を下げ、客単価を上昇させる事が期待できます。

スポーツクラブ(ジム)

ここで言うスポーツクラブとは、フィットネスジム・ダンススタジオ・ヨガスタジオ・各スクールを指します。近年、幅広い層で健康志向が高まり、会員数は増加傾向にあります。また、都市部ではスポーツを楽しむスペースの不足からか、スポーツクラブやジムの利用人口が増えています。

導入利点

スポーツクラブ(ジム)の月謝/月会費をクレジット端末で支払うためには、クレジット決済端末だけでなく、オンラインで会員管理と課金ができるシステムが必要な場合が多く、まだまだ普及しているとは言えないのが実情です。しかし、都度払いのサービス形態のクラブやジムも増えており、器具など物販も充実していることから、月謝以外の部分の利便性向上のためにクレジット決済を導入するところも増えています。月謝の回収を簡単にしたい場合は、当社の「口座振替かんたん登録」が便利です。合わせてご参照ください。

動物病院

ペットを買っている方にとっては、急病や怪我だけでなく、予防や検診での通院はよくある事です。人間と違い健康保険の適用されず自由診療が原則であるため、大きな金額になりがちですが、古くからニーズが大きく既に導入済みの病院・クリニックも多数あります。

導入利点

自由診療であるため、診察費や治療費の目安が診察まで解らないことが多く、緊急での通院時に持ち合わせを調整する事も難しいため、飼い主の方としてもカードで支払う利便性が非常に高い業種であると言えます。

ペットサロン・ペットホテル

ペットのトリミングは種類にもよりますが、飼い主様によっても定期的に通う方はいらっしゃいます。また、旅行や出張などで忙しく、家を空ける方でしたらペットホテルに預けるというのも珍しくはありません。

導入利点

ペットの大きさや種類によって必要なケアも料金も異なります。また、その場でのオプション追加があることや、急な都合でホテルを延泊しなくてはならないケースが考えられ、金額が大きくなる事もあります。そのため利用者からのニーズも強く、導入するサロンやホテルは増えています。

ペット葬儀業者

ペットも大事な家族の一員と考え、没後に葬儀をする方が増えています。大手スーパーチェーンもペット葬儀を取り扱うといった動きや、ペット専用の霊園ができたり、大型霊園にペット区画が併設される例もあり、もあり需要の高さを物語っています。

導入利点

ペット葬儀施設の増加や住宅事情の変化に伴い、自分でお墓を作ったり庭に埋葬したりする傾向は以前よりも減ってきています。今では自宅に出張する訪問葬儀というサービスを行う業者様もいるほど、ペット葬儀は一般化してきました。料金体系も様々であるため「カードで支払えると便利だ」という声もあるようです。

社交飲食店

「社交飲食店」は一般的にキャバクラやホストクラブなど深夜酒類提供飲食店のことを指します。一般飲食店と比べ、一回のお支払金額が大きくなる傾向があります。

導入利点

金額が大きくなる傾向があり、テーブル単位の会計が一般的である事から、クレジットカード決済の利用率が極めて高い業種です。そのため、クレジット決済端末の設置は必須と言えでしょう。

今すぐ相談する

お電話は平日09:30~18:30
決済導入に関係のない営業のお電話はご遠慮ください。
ご対応出来かねます。

電話で相談:

東日本:03-5797-7934
西日本:06-6538-1101

資料ダウンロード一覧

UnivaPayの提供するUnivaPay StoreAppや、ALIPAY・WeChat等のインバウンド決済、キャッシュレス決済資料はこちらから無料でダウンロードできます。