UnivaPay

共創事例

共創事例「行雲商事」さま

当社の「UnivaPay」は株式会社 行雲商事(本社:東京都中央区 代表取締役社長:惠昊(ケイコウ))と決済連携されています。行雲商事さまと共に中国向け越境ECで活躍するミニアプリ(ミニプログラム)を共同で展開しています。

行雲商事のサービス

行雲グループ本社は中国の深センにあり、中国ではトップの越境EC、サプライチェーンサービス供給者で専門家でもあります。BB、BBC、BC、ブランド総代理等様々なサービスを提供しております。その強みを活かし、ワンストップで越境サービスを実施できるほか、越境ECプラットフォームも運営しています。

LinkieBuyは行雲グループの1つの事業部で、グローバルのマーケティングにおいて、SaaS(Software-as-a-Service)に基づき、グローバルの視点で、SaaS+国際物流+運営代行という一貫したサービスを提供することにより、海外のお客様が越境ECを通じ、スムースに中国市場進出できるようにサポートさせていただきます。

そのコンセプトに違わずいままで自販機で販売が不可能とされていた出来たてのラーメンなどを提供できる自販機を開発。すでに多数のメディアにも取り上げられています。

中国越境ECの魅力

対中国の越境EC市場は拡大する一方で、天井知らずです。
特に日本の品は高く評価されており、中国では日本製品を買いたいユーザーが何億と存在しています。

しかし日本の品をユーザーの手に届けるまでには、多くの困難があるのも事実です。行雲商事はそれらの問題を解決するソリューションがあります。

行雲商事の利点・サービス効果

敷居の高い中国越境ECをワンストップで実施できます。これは物流も担う同社だからこそできることで、国内では他社が真似できない強力な武器にもなっています。

中国への越境ECを行うには、言語、税関、物流、そして中国で閲覧できるサイトの用意など、難易度が高め。行雲商事ではそれらを一括して、ワンストップで解決し、最終的にコストを大幅に抑えることにも繋がります。

すべてのサービスは行雲商事が提供しているもので、対応が柔軟です。システムの面でも、カスタマイズも可能です。中国大手企業wechatとAlipayと直接のパートナーでもあり、より有利な展開や宣伝が可能になるのも魅力です。

参考:LinkieBuy公式サイト

UnivaPayの関わり方

UnivaPayは、決済の連携をさせていただいております。行雲商事さまからは、当社は中国決済の主要ブランドとの繋がりも深く有利であること、対応が素早くシステム上の機能も不足なく完備されていて便利だという評価を頂いております。

ミニアプリにご興味がある方、自社アプリなどにUnivaPay決済システムを組み込みたい方など、事業展開のサポートをUnivaPayが行います。まずは一度、お気軽にお問い合わせください。